株で儲けるための3つの方法と絶対に知っておくべき注意点

株で儲ける3つの方法

ゼッタイに知っておきたい!株で儲かるための3つの方法

株で儲かるためにはどうしたらいいのでしょうか?私たちは株を取引することで利益を得ることができますが、大きく分けて3通りの方法があります。

儲けの仕組みと注意点を知っておきましょう!

1 値上がり益で儲ける

まず1番目が、値上がり益です。買った株が値上がりしたときに売れば、その値上がった差額が儲けとなります。
これをキャピタル・ゲインといいます!

普通、株式トレードや株取引といえば、この「値上がり益」を目的に株の売買をすることを指します。値上がり益は持っている株の10%〜50%やそれ以上の大きな利益を狙うこともできます。

しかし、買った株が値上がりしなければ得られませんし逆に値下がりしてしまうと利益どころか損失を被ってしまいます。

2 会社の業績に応じた利益で儲ける

株を買って所有していると株主になるわけですが、会社の利益の一部が配当として株主に還元されます。
これをインカム・ゲインといいます。

値上がり益が大きな利益を狙えるのに対し、配当はだいたい株価の2〜3%くらいです。

配当はその会社の業績が好調で利益が大きくなれば増え、これを増配といいます。
逆に業績が悪く利益が小さくなれば配当は減り、これを減配といいます。

値上がり益に比べると儲けは少なくなりますが、比較的、着実に利益を得られる方法といえるでしょう。

ただし、すべての会社(銘柄)で配当があるとは限りません。業績不振で配当そのものが無くなってしまうこともあります。これを無配といいます。

3 株主優待で儲ける

株には値上がり益と配当による儲けのほかに株主優待というプレゼントがあります。

株主優待で食事券や映画の鑑賞券、飲料をもらった!なんて聞いたことはありませんか?

これは配当と同じで、株主に対して、会社の利益を還元する制度です。
プレゼントといっても現金に換算するとかなりの高利回りの会社(銘柄)もあります。

配当と株主優待を加えた利回りが5%を超えてくる会社(銘柄)も珍しくありません!
このように考えると銀行に預けるより、おトクな銘柄はたくさんあります!

ただし、配当と同じですべての会社が株主優待制度を行っているわけではありませんので、注意が必要です。

関連記事

ピックアップ記事

  1. どの株が「買い」
    どの株が「買い」なの?判断基準は何? 業績のいい会社は「買い」だけど・・ 株取引を行うには、…
  2. たい焼きの頭と尻尾はくれてやれ!
    たい焼きの頭としっぽは、あえて残そう! 欲が判断を鈍らせることがあるんです。 もうちょっと上…
  3. ドル・コスト平均法
    一定の金額で株を買い続け、平均単価を下げる! ドル・コスト平均法とは、1つの銘柄を1回だけでなく…

おすすめ記事

  1. 信用取引

    お金が少なくても株が買える信用取引とは!?

    お金が少なくても取引できる信用取引とは!? 株はお金を出して買います。当たリ前ですよね・・・ …
  2. 身近なところから情報収集

    株ビギナー注目!買うべき銘柄が簡単にわかるコツ

    まずは身近なところから情報を! 初心者は、身近な会社の株を買ってみることが取引しやすいです。 …
  3. 人の行く裏に道あり花の山

    株式投資の格言。人の行く裏に道あり花の山

    人の行く裏に道あり花の山 株式投資の格言といえば、まず出てくるのがこの言葉! 株で成功するに…

人気記事

  1. 利益確定
    賢く売って利益確定しよう 株を買ったら、いつかは売ることになりますよね! 株式取引で利益を出…
  2. お金を育てる
    利益をあげるための投資スタンス 私たち個人投資家は、株の取引で利益をあげることが目的です! …
  3. 株価水準
    上がるか?下がるか?の流れを測ろう! 株でも商売でも、儲けの基本は「安く買って高く売る」です。 …
  4. コマーシャル
    銘柄の選び方!個人投資家の強みを活かす なるべく短期でお金を増やしたい!というのが多くの人にとって…
  5. 株主優待券
    株主優待の内容はどこでわかるのか? 株式投資にはプレゼントがあります! どんな株主優待を行っ…
ページ上部へ戻る