株式市場について知っておこう!

株式市場

株式市場について知っておこう!

株式を取引する市場が株式市場(証券取引所)になります。

株式市場に参加できるのは、証券取引所の会員となっている証券会社だけです。私たちが普段、株を取引する際は、証券会社を通して株式市場に注文することになります。

世界に目を向けると、ニューヨーク証券取引所ロンドン証券取引所が有名です!

日本の主な株式市場は国際的に有名な東京証券取引所です。そして日本国内には東京を含め、証券取引所は5か所あります。地方の取引所には、その地域の会社が上場している場合が多いですが、規模は東京に比べると小さいです。

また各取引所では、市場が分かれています。東京証券取引所(東証)であれば、1部・2部・マザーズ・ジャスダック市場があります。市場ごとに上場基準があり、売買高や株主数などをクリアしていなければなりません。

また、マザーズやジャスダック市場は、ベンチャーや新興企業などが多く、上場基準が比較的緩くなっています。そのため値動きの上下が大きい銘柄が多いのが特徴です。ハイリスクが伴いますが、急成長が見込める豊かな企業も多く大化けの可能性を秘めた銘柄も多いといえます!

そして、上場基準をクリアするとマザーズやジャスダック市場から、1部・2部に市場が変わることがあります。上場基準が1番厳しいのが1部ですが、老舗企業や大企業などが多く上場しています。投資家保護の観点からも1部、2部は基準が厳しくなっているのです。

さらに株価指数(日経225や日経300など)の構成銘柄となるには別途、基準があります。日経225は超有名企業が多いです!

まとめ

東証1部や2部には有名な企業も多く、馴染みのある銘柄も多いですが、大化け狙いならマザーズやジャスダック市場の新興企業にも注目してみてください!

関連記事

ピックアップ記事

  1. どの株が「買い」
    どの株が「買い」なの?判断基準は何? 業績のいい会社は「買い」だけど・・ 株取引を行うには、…
  2. たい焼きの頭と尻尾はくれてやれ!
    たい焼きの頭としっぽは、あえて残そう! 欲が判断を鈍らせることがあるんです。 もうちょっと上…
  3. ドル・コスト平均法
    一定の金額で株を買い続け、平均単価を下げる! ドル・コスト平均法とは、1つの銘柄を1回だけでなく…

おすすめ記事

  1. 信用取引

    お金が少なくても株が買える信用取引とは!?

    お金が少なくても取引できる信用取引とは!? 株はお金を出して買います。当たリ前ですよね・・・ …
  2. 身近なところから情報収集

    株ビギナー注目!買うべき銘柄が簡単にわかるコツ

    まずは身近なところから情報を! 初心者は、身近な会社の株を買ってみることが取引しやすいです。 …
  3. 人の行く裏に道あり花の山

    株式投資の格言。人の行く裏に道あり花の山

    人の行く裏に道あり花の山 株式投資の格言といえば、まず出てくるのがこの言葉! 株で成功するに…

人気記事

  1. 利益確定
    賢く売って利益確定しよう 株を買ったら、いつかは売ることになりますよね! 株式取引で利益を出…
  2. お金を育てる
    利益をあげるための投資スタンス 私たち個人投資家は、株の取引で利益をあげることが目的です! …
  3. 株価水準
    上がるか?下がるか?の流れを測ろう! 株でも商売でも、儲けの基本は「安く買って高く売る」です。 …
  4. コマーシャル
    銘柄の選び方!個人投資家の強みを活かす なるべく短期でお金を増やしたい!というのが多くの人にとって…
  5. 株主優待券
    株主優待の内容はどこでわかるのか? 株式投資にはプレゼントがあります! どんな株主優待を行っ…
ページ上部へ戻る