いくらで株を買うべきか迷っていませんか?

いくらで株を買うべきか迷っていませんか?

肝心なのは、いくらで買うか

買う銘柄が決まったけど、どのように、いくらで買うべきか迷っていませんか?

通常、物を買うとき定価が毎日変わることはありませんよね。

とことろが、株価は毎日めまぐるしく動いています。売る方も、買う方も、注文が殺到するためです。

いくらで買うか?としての注文方法を知っておくと、思わぬ高値で買ってしまうことを避けることができますよ!

指値注文で慎重に!

上で述べた通り、株価は毎日めまぐるしく動いていますからいかに安く買うかが重要なポイントになってきます。

いくらでもいいから買いたいならば「成行(なりゆき)注文」を指定します。

成行注文は、高い確率で買える半面、値動きが激しいときなどに思わぬ高値で買ってしまうケースもあります。

文字通り、市場の成行に任せるということです。(1日の制限値幅の範囲内に収まりますが)

これに対し「いくらで買う」と指定する場合は「指値(さしね)注文」を指定します。

株で利益を出すには1円でも安く買いたいので、現状より安い価格で注文します。

たとえば1株500円の銘柄を500円以下で買いたいときは「500円で買いたい」と指定するのが指値注文です。

この場合、株価が500円以下にならないと注文が成立しません。注文が成立することを約定(やくじょう)と言います。

指値注文は取引が成立しにくい

指値注文はこのように、指定した価格以下にならないと約定しないので、その日の市場が開いている間に買えるとは限リません。

しかしこれは、取引が成立しにくいというデメリットがあります。

そこで、注文を出すときその注文の有効期限を指定することができます。

通常は当日限りの注文の場合が多いですが、株が約定するまで注文を有効とするという指定をするのです。

もし当日、株が約定せず、同じ指値で翌日も注文する場合は、有効期限を明日までといった指定が有効な方法になります。

ただし、翌日に株価が急落して500円どころかもっと安く買えたのに・・・といったことを避けるけるためには、やはり当日限りの注文にしておくことをおすすめします。

改めて500円以下の指値で翌日に注文すれば良いのですから

取引が成立しない事もある

たとえ指値を指定しても売り注文に対して、買い注文が多いときは取引が成立するとはかぎりません。

例えば、500円で買い注文を指定した場合でも、あなたの注文より先に500円の買い指値の注文があった場合、そちらから先に約定していくためです。

これは、市場には時間優先のルールがあるためです。(早い注文が優先されます)

その他、特別な原因で取引が成立しないケースもあります。

業績の大幅修正や会社を襲った突然の災害など、株価を大きく動かす材料が出たときなどです。

この場合だと、大量の買い注文や大量の売り注文が殺到したりして、商いがなかなか成立せず、値がつきません。

そして、一日に変動する株価には制限があり、株価が上値制限いっぱいに上昇することを「ストップ高」、下値制限まで下落することを「ストップ安」といいます。

この場合も、取引が成立しにくくなります。

企業は、決算時に業績予想と実際の業績が大きく異なっていた場合、大幅に修正します。

そのため業績が良ければ上方修正し、悪ければ下方修正となって、株価にも大きな影響が出ます。

ですから、決算時に行われる来期の業績予想も株価の重要な判断材料となるため、合わせてチェックしておくと良いですよ!

まとめ

いかがでしたか?

今回は、株を「どのように、いくらで買うか」について、ご紹介しました。

株価はめまぐるしく動いています。ですので「いかに安く買うか」が重要なポイントです。

「指値」で慎重に注文すれば思惑が大きく外れた値段で買ってしまうことを防ぐことができますよ!

ぜひ参考にしてみてくださいね!

関連記事

ピックアップ記事

  1. どの株が「買い」
    どの株が「買い」なの?判断基準は何? 業績のいい会社は「買い」だけど・・ 株取引を行うには、…
  2. たい焼きの頭と尻尾はくれてやれ!
    たい焼きの頭としっぽは、あえて残そう! 欲が判断を鈍らせることがあるんです。 もうちょっと上…
  3. ドル・コスト平均法
    一定の金額で株を買い続け、平均単価を下げる! ドル・コスト平均法とは、1つの銘柄を1回だけでなく…

おすすめ記事

  1. 信用取引

    お金が少なくても株が買える信用取引とは!?

    お金が少なくても取引できる信用取引とは!? 株はお金を出して買います。当たリ前ですよね・・・ …
  2. 身近なところから情報収集

    株ビギナー注目!買うべき銘柄が簡単にわかるコツ

    まずは身近なところから情報を! 初心者は、身近な会社の株を買ってみることが取引しやすいです。 …
  3. 人の行く裏に道あり花の山

    株式投資の格言。人の行く裏に道あり花の山

    人の行く裏に道あり花の山 株式投資の格言といえば、まず出てくるのがこの言葉! 株で成功するに…

人気記事

  1. 利益確定
    賢く売って利益確定しよう 株を買ったら、いつかは売ることになりますよね! 株式取引で利益を出…
  2. お金を育てる
    利益をあげるための投資スタンス 私たち個人投資家は、株の取引で利益をあげることが目的です! …
  3. 株価水準
    上がるか?下がるか?の流れを測ろう! 株でも商売でも、儲けの基本は「安く買って高く売る」です。 …
  4. コマーシャル
    銘柄の選び方!個人投資家の強みを活かす なるべく短期でお金を増やしたい!というのが多くの人にとって…
  5. 株主優待券
    株主優待の内容はどこでわかるのか? 株式投資にはプレゼントがあります! どんな株主優待を行っ…
ページ上部へ戻る