株で失敗しないために!性格別アドバイス

株で失敗しないために

ビギナーズラック後、誰もが失敗を経験

投資家で最初から成功し、利益を上げ続けている人はいません。

ビギナーズラックといった言葉がありますが、たまたま最初に利益をあげたけど、その後、誰もが失敗を経験しています。

失敗を重ねることで、その中から学び、自分のスタイルを作っている人が、最終的には株で成功しているのです。

損をしている人は、失敗の原因を突き止めようとせず、相場環境や景気のせいにして、いつまでも成長しません。

性格が関係する?

株を始める最大の動機として、儲けたい!があります。しかし、その欲望が大きすぎると、冷静な判断ができなくなります。

よく深いと失敗する!

よく深いと失敗する!

株の取引には、リスクを背負う勇気が必要になりますが、冷静さを欠くと、その勇気が無謀な行為に変わってしまうおそれがあります。

そして、売買のタイミングを逃すことにもつながるのです。株取引では、感情をコントロールする必要があるのです。

主体性と謙虚さのバランス感覚も必要です。主体性が強すぎると、自分の独り善がりな判断に頼りすぎて、投資に必要な情報収集を怠っては分析が甘くなります。

他方、他人に頼りすぎるのもよくありません。専門雑誌の「推奨銘柄」を鵜呑みにしすぎて、自分でその銘柄をチェックせずに、闇雲に売買を繰り返すだけでは失敗してしまいます。

また、失敗を過剰に悔やみすぎるのも、さらなる失敗につながります。利益を得たのにもかかわらず、もっと安いところで買えたはずだったのに!もっと高いところで売れたのに!とさらに欲深く利益を追求しすぎると失敗につながります。

このように、株で失敗し続けている人には、上のような共通点があり、当人の性格とも大きく関係しているようです。

性格別アドバイス

🔷熱くなりすぎで冷静な判断力を失う
=>日々の値動きばかりにとらわれず、会社の成長に目を向けよう!

🔷失敗から学ぼうとしない
=>何が悪かったか原因を突き止め、足りないことを洗い出し、次につなげよう!

🔷他人に振り回される
=>株を買う前にしっかりと自分で分析するクセをつけよう!

🔷欲が深すぎる
=>株を買う前に利益確定と損切りのラインを決め、ルールを作っておこう!

🔷くよくよし、過去にとらわれすぎる
=>成長するには「失敗」に必要以上の注意を向けず、失敗を糧にして「前進する」ことに意識を集中しよう!

失敗から学び続けよう!

関連記事

ピックアップ記事

  1. どの株が「買い」
    どの株が「買い」なの?判断基準は何? 業績のいい会社は「買い」だけど・・ 株取引を行うには、…
  2. たい焼きの頭と尻尾はくれてやれ!
    たい焼きの頭としっぽは、あえて残そう! 欲が判断を鈍らせることがあるんです。 もうちょっと上…
  3. ドル・コスト平均法
    一定の金額で株を買い続け、平均単価を下げる! ドル・コスト平均法とは、1つの銘柄を1回だけでなく…

おすすめ記事

  1. 信用取引

    お金が少なくても株が買える信用取引とは!?

    お金が少なくても取引できる信用取引とは!? 株はお金を出して買います。当たリ前ですよね・・・ …
  2. 身近なところから情報収集

    株ビギナー注目!買うべき銘柄が簡単にわかるコツ

    まずは身近なところから情報を! 初心者は、身近な会社の株を買ってみることが取引しやすいです。 …
  3. 人の行く裏に道あり花の山

    株式投資の格言。人の行く裏に道あり花の山

    人の行く裏に道あり花の山 株式投資の格言といえば、まず出てくるのがこの言葉! 株で成功するに…

人気記事

  1. 利益確定
    賢く売って利益確定しよう 株を買ったら、いつかは売ることになりますよね! 株式取引で利益を出…
  2. お金を育てる
    利益をあげるための投資スタンス 私たち個人投資家は、株の取引で利益をあげることが目的です! …
  3. 株価水準
    上がるか?下がるか?の流れを測ろう! 株でも商売でも、儲けの基本は「安く買って高く売る」です。 …
  4. コマーシャル
    銘柄の選び方!個人投資家の強みを活かす なるべく短期でお金を増やしたい!というのが多くの人にとって…
  5. 株主優待券
    株主優待の内容はどこでわかるのか? 株式投資にはプレゼントがあります! どんな株主優待を行っ…
ページ上部へ戻る